講師紹介

塾長あいさつ

pic_teacher01

 

聖学舎の原点と今、そして…
「学習塾の仕事の魅力は?」と聞かれたら、【純粋な目を輝かせた子供達との出会い】と答えたい。
学ぼうとする意欲に応えて、こちらも色々な準備をする。そして、授業を通してぶつかり合う楽しさ。くじけそうになる生徒に助けの手を差し伸べたり、また、逆に成績不振の場合、こちらの指導力の至らなさを悩むときに、「先生、ぼくの勉強不足だから…今度、頑張るよ」と、言ってくれて救われる気持ちになったりと、喜怒哀楽が充実している空間での仕事に我を忘れて没頭しています。

小さな学び舎、聖学舎を作って十五年。多くの生徒が中学受験・高校受験を通して巣立って行きました。
東大に進んだ者、国家公務員になった者、薬剤師になった者、シェフになった者、アナウンサーになった者(フジテレビのカトパンこと加藤綾子さん)、結婚して子供の出来た者と色々な道を進んでいます。私は、聖学舎が関わったみんなに大きく羽ばたいて欲しいと思っています。

司法試験に敗れて入った塾講師の道です。
初めて勤務した塾で、最初に受け持った学生が小学五・六年の中学受験組。右も左もわからぬ塾講師として、四谷大塚の予習シリーズなるものを片手に奮闘した、あの新鮮な世界が忘れられません。子供達の何も屈託もない、爛々とした目で私を見る空間でのパフォーマンスに浸っていたあの頃。2年目に教室長をまかされ十名ほどの六年生から開成・武蔵の御三家合格を出したこと…もう、有頂天になって時間を忘れ、仕事仕事といった感じでした。(おかげで結婚はすごく遅れました)教えることの面白さ、子供達と共に一緒になって切磋琢磨する楽しさが私の塾に関する原点といえます。

pic_teacher02

 

私は、聖学舎に集う生徒には「常に向上心を持って勉強しろ」と教えています。向上心とは、自分の弱さを知っている人が、それを克服するために努力しようとする中から生まれるものです。そして、多くの人が向上心を持って行動することで人類は進歩を続けて行きます。ひとり一人が向上心を燃やし、熱心に勉強すれば、日本はこれからも栄えます。勉強はそのために欠かせない大切なものです。

聖学舎の学習は、如何に効率よく勉強できるかを考えた授業展開をしています。そのためにはまず、生徒には高い目標をいつも頭に描かせます。志望校の合格の姿をいつも思い浮かばせるのです。
次に、習うより慣れろです。泳ぐことしかり、自転車に乗ることしかり、教えてもらってもすぐにはできません。何度も練習する中で「わかった」という機会は必ず訪れます。勉強もしかりです。難しいと思うことでも、何度も繰り返し学ぶことでわかるようになります。
さらに、勉強はどこでもできるのだと教えます。福沢諭吉はその著「副翁自伝」の中で、一年間まともに布団を敷かず、オランダ語を適塾で学んだと言われています。人はある時期、がむしゃらになることがあります。夢中にになるのです。勉強部屋のあるなしではなく、トイレの中、電車の中、いつでも勉強はできます。学力向上には、時間を少しでも多く学習に向けることです。

そして、学力アップには、絶対に量をこなすことが大切です。たくさんの問題を解くと、試験場で慌てなくなります。問題を見たとき、「これはどこかでいつか解いた問題に似ている…シメタ」と思えるような状況にして欲しいです。入試問題は無限にあるのではなく、限られたものです、そのためにたくさんの問題を解いておくことが必要です。
聖学舎では、生徒がすすんで自分から毎日勉強するように指導します。お盆も正月も、日曜も祭日も、とにかく机に向かわせます。一日休むと三日ぐらい調子は出ません。楽しくて偉い人にはなれません。世の中そんなに甘くはないです。人にできない苦労をして初めて、道は開けます。偉人伝を読むと、成功した人は皆、親があきれるぐらい勉強しています。親よりあとで寝る。親より先に起きる。親が「勉強はそのくらいにして、もう寝なさい」と言うぐらい勉強したのです。入試試験では誰も助けてくれません「自分が強くなる」ことです。

以上のような思いで、聖学舎は日々授業をしています。小さな学び舎では、この思いを現実に近づけ、全員が第一志望校に合格するように努力をさせています。これからも、多くの生徒たちと一緒に学んでいきたいと思っています。一度、塾にお越し下さい。体験授業もやってます。ご連絡お待ちします。

 

講師紹介

大住 明敬(塾長)

pic_teacher04

 

6月1日生まれ ふたご座 香川県出身
大学卒業後、司法試験合格を目指すも断念、塾業界に転身、子供への思い入れ大きく、特に中学受験で開成中学、桜蔭中学などの御三家合格者を多数導く。
某大手塾の三郷校教室長を最後に独立、1996年に小さな学び舎(受験塾)聖学舎を創設する。
現在全日本私塾ネットワーク(私塾ネット)広報部長、21世紀の塾を考える会にも席をおく。
趣味:映画青年(学生時代は年間150本見続けました)